卵屋どんべえ流ニジマスの美味しい食べ方

昔の味たまご農場、どんべえです。

新型コロナは大変なことになりましたね。

2月の終わりから、3月いっぱい必死に対応したのですが、仕事が増えるばかりで休む暇がありませんでした。

4月6日、山のような仕事を見て見ぬふりして、午後から休みをもらって釣りに行って来ましたよ^^

 

行ったのはここ。

リヴァスポット早戸です。
早戸川国際マス釣場・リヴァスポット早戸
〒252-0155 神奈川県相模原市緑区鳥屋3627
042-785-0774
アクセス情報

台風で被災した場所だったのですが、復興して営業を再開したので、支援の想いもあり行って来ました。

 

行くと決めたら、釣り好きの血が騒ぎますね。

今回は餌釣りです。

自前の竿を並べて、どれにしようかと(笑)

う~んかっこいい!

 

悩んだ末に、ダイワの春渓という竿にしました。

オールマイティーな使いやすい竿ですね。

コスパも良くてお勧めです。

 

で、僕の一番の愛刀、がまかつゼロニンフ。

使いずらいけど、魚をかけた後の安定感は抜群です!

もうバラす気がしない。

いわゆる胴調子と言われる調子の竿なのですが、魚がいくら暴れようとも、竿がいなしてくれるので、ものすごい安定感があります。

ただ、使いずらいです。

初めて行く場所には持っていけない一本。

だけどかっこいいよね^^

 

前日は、超久しぶりに針を結びました。

老眼が進みましたね^^;

まあ、見えない見えない(笑)

持っていた中でも一番太い糸(0.3)と一番大きい針を結びました。

昔はもっと小さい針ともっと細い糸でも結べたんですけどね~。

 

ここいら辺は土砂崩れなどもあったのですが、すっかり綺麗に整備されてました。

整備された山を見るのは、ちょっと嬉しかったです。

 

コロナの影響で遊びに行くところが限られている事もあったのか、人は多かったですね。

これは何より良かった^^

レンタル竿で釣りしている人も多かったので、やはりコロナの影響なんでしょうね。

 

濁流だった川の水もすっかり綺麗になってました。

良かったよね、ほんと。

 

そうそう、バーベキューとか出来るエリアも設えてありました。

これ、家族連れとかにいいですよね^^

 

大事な釣果はと言うと、ニジマス6匹にヤマメが一匹。

仕事の合間だったので3時間の釣行でした。

食べる分くらいは釣れましたね^^v

この他にもバラしたのが5本ありました。

だいぶ勘が鈍りましたね^^;

 

川魚が生臭くて嫌いと言うあなたへ!

そして釣って来た魚は全て美味しく頂きましたよ^^

ニジマスを美味しくいただくには、ちょっと一手間が要ります。

どんべえ流、川魚を美味しく食べるコツ

川魚は生臭いよね。と言う意見を良く耳にします。

確かに分かるけど、実は下処理でとても美味しく食べられるんですよ^^

 

僕流のニジマスの捌き方をご紹介!

1・魚が苦しまないように、頚椎を切断する

↓↓↓

2・鱗を剥がす

↓↓↓

3・お尻から包丁を入れて、お腹を開けて、内臓をすべて出す。

この時に、背中にある血合い(背骨の周りの黒い血)も綺麗に取る。

↓↓↓

4・キレイに洗ったらきつく絞ったタオル等で水気と滑りを綺麗にふき取る。

↓↓↓

5・塩を振って、クーラーボックスへin!

↓↓↓

6・家に帰る頃には、水が出ているので、また良く洗って、タオルなどで水気をよく拭き取ります。

↓↓↓

7・キッチンペーパーで包みます。お腹の中にも包むように入れて下さいね。

↓↓↓

8・新聞紙で包んで冷蔵庫で一晩寝かせましょう!

後は魚焼きグリルで焼くだけ。

こうすると生臭みも無く、ほくほくと美味しい焼き魚が食べられますよ^^

釣ったその場で塩焼きにする時も鱗をとって綺麗に洗ったら、水気と滑りをタオルなどで良く拭いてから焼いてみて下さい。

鱗と滑りを取ると臭みも無く、とても美味しくなりますよ。

 

そして最後は竿も分解して。乾かしましょうね。

これ大切ですよ~。

あ~楽しかった^^

 

昔の味たまご農場、どんべえでした

卵屋どんべえ東銀座でお写んぽ

どうも、昔の味たまご農場のどんべえです!

先日、オムライスの名店、銀座のお客さん、ア・ボートルサンテ・エンドー様へ伺いました。

訳あって、入店できなかったのですが、東銀座をお写んぽしてきました。

せっかくなので、ちょっとご紹介です~。

自分が下手くそなのは、重々承知ですよ。

だから、下手くそコノヤローとか言わないでくださいね。

 

すぐ裏手にあった、僕好みの横丁。

いいよね、こー言うの^^

これもそこの一角です。

すげー上がりたい(^^

ちと歩いたら、自販機。

東京はスペースが狭いせいか、自販機も薄いね!

交差点

信号、赤ばっかりだな。

日曜の銀座なのに、とにかく人が居ない。

コロナウイルス騒ぎは、収束するのか不安がいっぱいです。

お~東京っぺー。

欲望の量に比例して電線も太くなるんだろうね~。

 

路地を歩いていたご夫婦。

僕も嫁さんと、一緒に歩んでいきたいな。

 

黄色い車も含め、春っぽいね。

コロナウイルス騒動もまだまだ収束しなそうですね。

元気に明るく頑張りましょうね!^^

 

昔の味たまご農場どんべえでした^^

卵屋どんべえ、でっかい習字に挑戦!

どんべえです^^

最近、6畳二間の狭いアパートから引っ越しました。

築30年ほどの中古のお家で、現在リフォーム中です。

和室を洋室にリフォームしたのですが、要らなくなった障子に、ラクガキしてみたら?

と提案してくれたのは、「心に残るリフォームを楽しむ」リフォーム工房bene vivere(ベネ・ヴィべレ)さん。

どんべえのお友達です。

 

習字やろうよ!

って言いだしたのはお母さんの方。

娘ものりのり、動き早くね?

 

書き上げて、でっかい習字の難しさを語るお母さんと、俺の腕前をみてろよ~っていう私。

ちなみに私、すっごい字が下手です(笑)

 

ちょいちょい出てくる娘。

なんか楽しそう。

ベネ・ヴィベレさんのおかげですね^^

 

かすれた部分をぬりぬりしたり、もはや習字とは言えない手法で書き上げました(笑)

これもベネ・ヴィベレさんの提案。

どうせ外構工事するから、壁にいたずら書きしちゃえば?

子供たちにも記憶に残る楽しいリフォームになりました。

 

卵屋どんべえのテーブルリフォーム

昔の味たまご農場、どんべえです。

先日、家族で馴染みのホルモン屋さんに行きました。

年に一度だけ、付き合ってくれます(笑)

普段は煙臭くなるから嫌なんだってさ。美味しいのにね。

 

卵屋どんべえのテーブルリメイク

卵屋どんべえの自作カウンターのブログの最後に書いた、廃材だけで作ったテーブルのリメイクです。

いかにも捨ててあった材料な感じがしますね^^;

これを6年使ったんですから、なかなか立派だと思う。

だけどまだ使います(笑)

ただ、これをどうしたものか・・・

いろんな角度から見まわしてみたら、裏側が素材感があってなかなか素敵な感じ。

試しにひっくり返してみました。

なんか、可能性を感じますよね?

まずはローズガーデンカラーズと言う塗料で足を塗りましょう。

いかにも、捨ててあった角材なので。

下地に青系の塗料を塗ります。

上から白。

ところどころ下地が見えて、なんかいいです。

すごい雑に塗ってますが、見えない所は手を抜きました。

変にこだわると、何も進まなくなってしまいますよね。

瞬発力!

天板は、ひたすら紙やすりで削って、例のワックスで仕上げました。

これです。

オールドウッドワックスのウォルナット

脚と天板をビスで止めて完成!

正面から見るとこんな感じ。

楽しようと思って電動カンナを使って見たのだけど、使い方が悪くてキズになってしまった。

でもそれも、いい味になってませんか?

オールドウッドワックスのウォルナット。

これほんとお勧め。

どんべえの娘もモノづくりしました^^

下の子が私が物づくりをするのを見て、真似したがっていたので、端材でこんなテーブルとポスカの8色セットを買ってあげました。

お、塗ってる塗ってる。凄い集中!

 

お!なんか凄いのが出来ましたよΣ(・ω・ノ)ノ!

なんか才能あるんじゃないの?この子。

 

外構工事でこの壁も取り壊す予定なので、色塗りです。

楽しそう^^

今回のお役立ち情報

DIY好きな方、ローズガーデンカラーズオールドウッドワックスはお勧めです。

昔の味たまご農場どんべえでした。

卵屋どんべえの自作カウンター

どうも、昔の味たまご農場のどんべえです。

2020年を迎えて、新居に引っ越すことになりました^^

今は6畳二間の狭いアパートに家族4人暮らしなのですが、さすがに手狭ですね。

嫁さんの注文で、キッチンカウンターが欲しいと言うので、作りましたよ。

 

こんな感じにできました。

どうです?

まあ素人仕事にしちゃ、それなりに出来ましたかね。

でもこれ、裏から見るとかなりしょぼいんですよ~。

すんごい簡単にできるので、ちょっと紹介しますね^^

 

一番大きな簡単ポイントは、このカラーボックスを使うこと。

これに板を貼り付けるだけなので、出来上がりも早い早い。

今回はこれを二段重ねにして使います。

60センチが二段で120センチです。

 

これが貼り付ける板材。

ホームセンターで売っている、ホワイトウッドと言う安価な材料です。

最近は購入するとその場で加工してくれるので楽ちんですね。

私はユニディー相模大野店で購入しました。

会員になると、加工も無料です^^

 

で、この板を一枚にまとめていきます。

今回はべニアでつなぎました。

隙間が出来ないように、足でぐっと抑えてビスを打っていきます。

 

上と下をしっかりとつないで一枚の板のようにします。

こちらが裏側。

 

立てるとこんな感じ。

こちらが表側。

 

裏側に二段重ねにしたカラーボックスを貼り付けます。

木工ボンドで接着しつつ、金具とビスでしっかりと固定します。

 

立たせて天板を乗せるとこんな感じ。

何となくイメージ出てきましたかね?

無垢なままでも悪くないけど、注文は白いカウンターなので、ここから色塗りです^^

 

直接白を塗っても良かったのですが、白って下地が透けて出るんですね。

何度も塗れば良いのですが、アンティークな雰囲気を出したかったので、下地に青を塗りました。

古い家具とかで、白い塗料が剥がれて下から水色が見えてたりするのあるでしょ?

あのイメージにしたいのですよね。

 

白は二度塗りしました。

一度だけだと下地の青がかなり見えてしまいます。

 

使った塗料はRose Gardden Colorsという商品。

あまり詳しくないので、缶の見た目でこれにしました^^

見た目大事だね。

後から知ったのですが、ミルクペイントと言うのも良さそうですね。

 

さて!天板を固定しましたよ。

だいぶイメージ出てきましたね~。

天板は12㎜と15㎜のベニヤを重ね合わせました。

白い板はあとから紙やすりで削って、ところどころ下地の青が見えるようにする予定です。

 

みなさんに教えたい!こいつ!

オールドウッドワックス

これいいですよ~。

上の写真は2000円程度のベニヤ板なんですね。

ようは一番安い板材です。

これにこのワックスを塗ると・・・!

 

ほら!こんなに雰囲気出ちゃいます^^

写真だと伝わらないですが、実物はもっと味があります。

手触りも凄く良くなる^^

 

オールドウッドワックスはお勧めです。

ホームセンターでも売ってますよ^^

 

で、

これ、夜中にワインを飲みながら作業してたんですね、

酔いが回って来るにつれ、この白い板を汚したくなってですね。

このワックスで汚してしまいました(笑)

汚れてるとカッコいいですよね。

真っ白が好きな嫁さんに怒られるかな?

俺が作ったんだから許してくれるよね(^^;

 

後日追記

カウンターにこんな棚を付けました。

いい感じです^^

あ、天板の裏にワックスが効いてないのがバレてますね。

手抜きもいいとこだけど、自分で使うのでね^^;

 

自作のテーブルと合わせてこんな雰囲気になりました。

このテーブルは廃材だけで作ったんですよ。

このテーブルの話はまた後日に^^

 

昔の味たまご農場、どんべえより